ルーマニアは蚊が多いかも

2015年09月28日 | ティミソアラ | コメントする 

2015年9月23日~25日

これまでブルガリア→セルビア→クロアチア→オーストリア→ハンガリーと周り、いよいよ最後の国ルーマニアに入ります。

某日本人に勧められ、何が魅力的かも分からぬままティミソアラという町に向かうことにしました。
どちらかというと、首都などよりも小さな田舎町のほうが好きなので、2泊ほどしてのんびり見て回るもつもりです。

ブダペスト発、車内

コンセントがある

みんな色々と時間を潰します

朝食はかつて味わったことのない焼け焦げたマックマフィン

列車での入国審査は車内で行われます。

難民かな?もめてる

あっぶね、また乗り過ごすところだった

GoogleMAPのGPSも時々自信満々にあらぬ場所を指してるから注意だな。

ティミショアラの駅

ルーマニアの街並み

クリスチャンかな

ホステルは「Mosaico Alfetta」

ロビー

部屋

朝食付きで一泊11ユーロ。
部屋にコンセントが一つしかないこと以外は最高レベルに居心地が良いホステル。3週間も沈没しているルーマニア人がおり、洗濯物を取り込んでくれたりと色々親切にしてもらった。

統一広場へ

どこもかしこも

なんか工事中

エスプレッソとペプシってw

勝利広場、どうやらここが中心みたい

レストラン「ロイド」

日替わりランチのスープ

メイン

デザート

これで20レイ(600円)に水5レイ(150円)。どうやら食事に困ることはなさそう。

鳩めっちゃくつろいでいる

満腹

Bega川沿いのサイクリングロード

色んなボート

足漕ぎカート


適当に入った店の日替わり

カツレツ。やっぱヨーロッパは基本的に煮込み料理以外はやばいな。

ぶらぶら

勝利広場

帰りは川沿い

あんま見るものはない

今日はサイクリングの日

Bega川をひたすら西へ

穏やかな水面に景色が反射して幻想的

って虫多い

道間違えた、線路渡って対岸へ

ん?

ガチョウ?

なんかたくさんいる

七面鳥か

手の平サイズの花

粗末な橋を渡るトラクター

干し草のまとめ方が変わってる

使われてない水門

雨宿りできそう

ヤギ

ウマ

ウシっ

スンミハイウロムンとかいう村

愛想の良い子供

なぜか村を案内してくれた。

雑貨屋

昼食はホットドッグ

なるほど、それで四角くまとめてあったのか

ワイルドな人

戻ってきた

釣り

けど水辺はこれ

アイスうま

要塞

またしてもレストランロイド

チョルバ・デ・ブルタ

牛の胃袋のスープらしい。言うほどクセはなく味付けもしっかり。

スモーク豚と豆の煮込み

豆のほうはチリビーンズによく似ている。ルーマニアでは肉料理にこの豆ソースを絡めるらしい。豚は角煮みたくトロトロしてた。

なんだろう?

どうやら広場は自転車を降りなきゃいけないらしく、注意しているらしい。

朝の5時前、雨上がり

5時半の列車に乗るため駅に到着

ふつーに売店もやってたし、前日にマック行くこともなかった

9時間近い移動になります

雑然とした雰囲気、アジアに近い生活感むきだしの臭い。どことなく懐かしさを感じる魅力的な町でした。

何より人々が観光客慣れしていないのか、愛想が良い。
三週間も沈没しているルーマニア人や、この町をお勧めした日本人の気持ちもわかる気がします。

続いては、ルーマニアの首都ブカレストへ向かいます。